競馬ブログ~けいばがかり~

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エルムステークス2015の有力馬ガイド


札幌競馬場では日曜日にダート重賞のエルムステークスが行われます。開催時期が変わったりしているので傾向などは参考程度にするのが良いと思いますが、これと言った傾向はないと思います。特に大荒れするレースではないのが特徴でしょう。


昨年の2着馬で重賞を2勝しているクリノスターオーは帝王賞では2番人気で6着でした。しかしハイペースを先行しての競馬だったので苦しかったと思います。GⅢレベルでは安定して走っているほうだと思うので、ここでは能力の違いを見せるかもしれません。


昨年1番人気で6着に敗れたジュベルムーサですが、今夏は函館で2戦走り、大沼ステークスを勝ちました。昨年は重賞のマーチステークスでも2着した馬で能力は高いと思います。引き続き注目の馬でしょう。


逆にソロルは大沼ステークスは3着でしたが、マリーンステークスを勝利しました。昨年はマーチステークスを勝ちましたが、ムラな面があるような印象です。叔父にゴールドアリュールがいる血統ですからダート適性は高いと思います。


一昨年のフェブラリーステークスの勝ち馬のグレープブランデーはここ3戦すべて掲示板に載っています。GⅠ勝ち以来勝利はありませんが、今回も上位に来てもおかしくはないと思います。カチューシャは2着した大沼ステークスから斤量が2キロ減になるのを生かしたいでしょう。
スポンサーサイト

| 出走有力馬ガイド | 12:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クイーンステークス2015出走有力馬のガイド


レッドリヴェール 牝4

父 ステイゴールド 母ディソサード (Dixieland Band)

主な成績 13年 札幌2歳S 阪神JF 14年 桜花賞2着

デビューから3連勝で阪神JFを制した馬。桜花賞でも休み明けながらハープスターの2着だった。さらに日本ダービーにも挑戦したがそれ以降は今ひとつなレースが続く。前走のヴィクトリアマイルでは久々に掲示板に載った。



ブランネージュ 牝4

父 シンボリクリスエス 母シナノネージュ(フレンチデピュティ)

主な成績 14年 フローラステークス2着 15年 かもめ島特別

近親に香港マイルなどを制したハットトリックがいる血統。3歳時にはフローラステークスで2着してオークスへも出走した。そこで5着とすると、秋華賞でも僅差の4着に入った。夏に1000万条件に降級したものの、前走はかもめ島特別に勝利。



フーラブライド 牝6

父 ゴールドアリュール 母ヒカルカリーナ(メジロマックイーン)

主な成績 13年 愛知杯 14年中山牝馬ステークス 15年日経新春杯2着

初勝利を挙げるのに13戦も要した。しかし13年には愛知杯を制した。14年は中山牝馬ステークスに勝利。また日経新春杯では牡馬相手に2回馬券になっています。前走は天皇賞春に挑戦。



イリュミナンス 牝5

父 マンハッタンカフェ 母スキッフル(トニービン)

主な成績 13年 クイーンカップ3着 14年堀川特別

デビュー2戦目のフェアリーステークスで1番人気に支持された馬。3戦目のクイーンカップでは3着だった。現在は1600万条件だが、格上挑戦だった前走のマーメイドSは6着。兄に中京記念を連覇したフラガラッハがいる血統。



ノットフォーマル 牝3

父 ヴァーミリアン 母リミッターブレイク(マンハッタンカフェ)

主な成績 フェアリーステークス

近親にラジオNIKKEI賞を勝ったストロングガルーダとNHKマイルカップ2着のダイワバーバリアンがいる血統。今年のフェアリーステークスを11番人気ながら制した。ヴァーミリアン産駒初の重賞勝ち馬。超スローだったとはいえ、桜花賞でも5着と健闘した。 

| 出走有力馬ガイド | 12:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイビスサマーダッシュ2015出走有力馬ガイド

今週新潟競馬場では第15回アイビスサマーダッシュが行われます。芝の直線1000メートルで行われるレースの有力馬について書きたいと思います。


セイコーライコウ 牡8

父クロフネ 母ファインセイコー(サンデーサイレンス)

主な成績 14年韋駄天ステークス アイビスSD

昨年のこのレースの勝ち馬。そのレースを含め、新潟芝1000メートルは3戦2勝と実績を挙げている。その昨年のアイビスサマーダッシュ以降勝ち鞍はないものの、前走の函館スプリントステークスは4着と健闘した。


リトルゲルダ 牝6

父Closing Argument 母Bijoux Miss(Buddha)

主な成績 14年 北九州記念 セントウルステークス

昨年は北九州記念とセントウルステークスに勝利し、サマースプリント王者に輝いた。年末には香港にも遠征した。アイビスサマーダッシュは一昨年は3着、昨年は4着。父は日本では数は多くないインリアリティ系。


アースソニック 牡6

父クロフネ 母ダイアモンドピアス(サクラユタカオー)

主な成績 13年 京阪杯 14年 アイビスSD3着 15年 函館スプリントS2着

13年の京阪杯では7番人気で勝利し、重賞初制覇。昨年のアイビスSD以降結果は出なかったものの、韋駄天ステークスで3着とすると、函館スプリントSでは14番人気ながら2着に突っ込んだ。新潟芝1000メートルは3戦すべて3着。


ベルカント 牝4

父サクラバクシンオー 母セレブラール(ボストンハーバー)

主な成績 13年 ファンタジーステークス 14年フィリーズレビュー

デビュー3戦目で重賞を制すると、牝馬ながら朝日杯FSに挑戦。3歳春には桜花賞トライアルのフィリーズレビューに勝利したが、その後は着外が続く。前走のCBC賞は出走取り消し。実質4月のコーラルステークス以来のレースとなる。


ネロ 牡4

父 ヨハネスブルグ 母ニシノタカラヅカ(サンデーサイレンス)

主な成績 15年 駿風ステークス

2歳時にはオープン特別を勝った馬で、今年は2月のアクアマリンステークス以降5戦連続で連対している。3走前には同じ条件の駿風ステークスに勝利した。現在は1600万条件だが、2走前には同じく新潟芝1000メートルの韋駄天ステークスで2着と好走した。

| 出走有力馬ガイド | 15:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

函館2歳ステークス2015の出走有力馬ガイド

函館競馬場では第47回函館2歳ステークスが行われます。その出走馬の中から注目されている5頭について書いていきたいと思います。



ブランボヌール

父 ディープインパクト 母ルシュクル(サクラバクシンオー) 牝2

母ルシュクルは現役時代3勝。叔父に新潟大賞典を勝ったダコールがいる。新馬戦は4番手から進めて、直線では間を割ってくると、2着のメジェルダとの叩き合いを制して勝利。2着のメジェルダはその後未勝利に勝利した。


オデュッセウス

父ファルブラヴ 母ライツェント(スペシャルウィーク) 牡2

叔父にダート重賞で活躍したランフォルセやノーザンリバーなどがいて、ダービー馬のロジユニヴァースも近親にいる。新馬戦は最内枠からの逃げ切り。勝ちタイムの1.10.0は函館組ではメンバー最速。2着馬のシャドウアプローチはその後未勝利戦を勝っている。


メジャータイフーン

父 ダイワメジャー 母マザイ(Fasliyev) 牝2

祖母がムーンレディで叔父にダービーと天皇賞秋を勝ったエイシンフラッシュがいる。牝系はドイツ血統。新馬戦では2着馬に0.7差をつけての完勝だった。新馬戦から中1週の競馬がカギとなりそう。


メジェルダ

父 ディープインパクト 母メリュジーヌ(フレンチデピュティ) 牝2

母のメリュジーヌは現役時代ダートの短距離で3勝。ディープインパクト×フレンチデピュティ系は相性の良い配合。新馬戦ではブランボヌールのタイム無しの競馬で2着。2戦目で初勝利。新馬よりも時計を0.3詰めて1.10.2での勝利だった。


ラッキーボックス

父 ディープスカイ 母レディバウンティフル(Spectrum) 牝2

母父はレインボウクエストの系統で、洋芝得意のダンチヒの4×4のクロスが入っている。新馬戦は福島の芝1200メートルでデビュー。道中4番手から抜け出しての勝利。1200メートルの勝ち時計自体はメンバー最速。


netkeibaの予想オッズで上位になっている5頭を取り上げてみました。

| 出走有力馬ガイド | 18:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中京記念2015出走有力馬ガイド


今週は中京競馬場で第63回中京記念が行われます。中京競馬場の芝1600メートルで行われ、サマーマイルシリーズの開幕戦でもあります。今回は有力視されている馬達について簡単な紹介をしたいと思います。


レッドアリオン

父 アグネスタキオン 母 エリモピクシー(母父ダンシングブレーヴ)

主な戦績 15年 洛陽ステークス1着 マイラーズカップ1着

兄にデイリー杯2歳ステークス、スワンステークスなどを勝ったリディル、関屋記念や京成杯AHなどを勝ったクラレントがいる血統。叔母にエリザベス女王杯を勝ったエリモシックがいる。今年のマイラーズカップで重賞初制覇。5勝をすべてマイル戦で挙げています。



カレンブラックヒル

父 ダイワメジャー  母チャールストーンハーバー(Grindstone)

主な戦績 12年 NHKマイルカップ1着 14年ダービー卿チャレンジトロフィー1着 15年小倉大賞典1着

弟に昨年のユニコーンステークスを勝ったレッドアルヴィスがいる血統。4戦無敗でNHKマイルカップを制し、その後毎日王冠まで制した。14年のダービー卿CTで約1年7ヶ月ぶりの勝利。さらに今年は小倉大賞典を制して重賞5勝目を挙げました。


ダローネガ

父 ダイワメジャー  母カメリアローズ(ホワイトマズル)

主な戦績 12年小倉日経オープン1着 15年 湘南ステークス1着

2歳時には野路菊ステークス制するなど朝日杯FSに出走していた馬だった。3歳時にはオープン特別も勝利。準オープン降格後はなかなか勝ちを挙げられなかったものの、5月の湘南ステークスで2年9ヶ月ぶりに勝利した。


オリービン

父 ダイワメジャー  母シャンクシー(Zilzal)

主な戦績 12年アーリントンカップ2着 14年ポートアイランドステークス1着

母シャンクシーは96年に来日し、京王杯SC7着、安田記念15着の成績だった。母父Zilzalはヌレイエフ系。3歳時にはアーリントンカップでジャスタウェイの2着だった。実はポートアイランドステークスは12年と14年の2回制している。前走は米子ステークスで2着だった。


アルバタックス

父 キングカメハメハ 母タックスシェルター(フジキセキ)

主な戦績 14年修学院ステークス1着。

叔父にダート重賞を3勝しているヒシアトラスがいる血統。レイズアネイティヴの4×4のクロスが入っていてパワーは持っている。昨秋に清滝特別と修学院ステークスを連勝した。2走前に新潟の谷川岳ステークスで3着と好走している。


netkeibaのサイトのオッズを参考にして5頭ほど取り上げてみました。当週に行われる重賞の出走馬から有力どころのコメントをこれからもしたいと思います。

| 出走有力馬ガイド | 16:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。