競馬ブログ~けいばがかり~

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新潟記念2015の傾向と現時点注目馬


今週は新潟競馬場で新潟記念が行われます。その過去のこのレースの傾向を少し書いてみたいと思います。


性別・年齢・所属成績

無題nknn


年齢別では4歳・5歳の成績がよく、6歳馬は1勝しかしていませんが、7歳以上の高齢馬は2勝していて高齢馬も来ているレースです。ちなみに6歳で勝ったのはコスモネモシンで、人気薄だったので回収値を跳ね上げています。


斤量別成績

牡馬・セン馬

無題nknkb

牝馬

無題nknkh


極端に軽い、重い斤量は苦戦傾向にあるみたいです。牝馬はやや軽い程度がよさそう。


無題nkn5k


過去5年で馬券になった馬の血統ですが、母父ノーザンダンサー系の馬が10頭馬券になっています。そのうち父サンデー系×母父ノーザンダンサー系の馬は9頭馬券になっています。


現時点では父サンデー系×ノーザンダンサー系のアヴニールマルシェに注目していますが、このままだと除外対象なので、同配合のスイートサルサやマイネルミラノも注目。その他では父はキンカメながらもこれも母父ノーザンダンサー系のミュゼスルタンにも注目です。


スイートサルサは準オープンを新潟で勝った実績があり、ミュゼスルタンも新潟2歳ステークスを昨年勝ちました。マイネルミラノは母父がダンチヒ系なので平坦コースは合っていて、アヴニールマルシェも新潟2歳で2着しています。
スポンサーサイト

| レースの傾向 | 13:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キーンランドカップ2015の傾向と現時点注目馬


今週は札幌競馬場でキーンランドカップが行われます。まずは札幌で行われた過去8回を参考にしたデータを少し紹介したいと思います。



・人気別成績

1番人気 (1- 3- 2- 3/ 9)
2番人気 (2- 2- 1- 4/ 9)
3番人気 (2- 0- 1- 6/ 9)
4番人気 (3- 0- 2- 4/ 9)
5番人気 (0- 1- 1- 7/ 9)
6~10人 (0- 2- 2- 41/ 45)
10~人気 (1- 1- 0- 55/ 57)


勝ち馬は基本的に上位人気から。ただ人気薄の馬が馬券に絡むこともあります。


・年齢

3歳(2- 0- 1- 14/ 17)
4歳(3- 2- 3- 12/ 20)
5歳(2- 2- 3- 22/ 29)
6歳(1- 4- 1- 38/ 44)
7歳以上(1- 1- 1- 25/ 28)


比較的若い世代が馬券になっていますが、高齢馬でも好走した馬もいます。


・脚質

逃げ (2- 1- 0- 6/ 9)
先行 (5- 5- 4- 26/ 40)
中団 (2- 3- 4- 40/ 49)
後方 (0- 0- 1- 39/ 40)


過去の傾向からは後方からの馬は厳しいレース。ある程度の位置につけている馬が有利でしょう。


現時点では函館スプリントステークスが勝ったティーハーフが有力でしょう。母系はダンチヒ系で洋芝適性はありますが、今回はこのレースの傾向から後方一気では難しいかもしれませんただ。条件戦を勝った時はある程度の位置にはつけていました。


エポワスは前走でオープン勝ち。今回は斤量が3キロ増えますが、こちらはファルブラヴ産駒で洋芝への適性は高いと思います。好位から競馬が出来そうなのも魅力。その前走でエポワスの2着だったルチャドルアスールも母系はダンチヒ系で洋芝適性はあると思います。

| レースの傾向 | 13:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新潟2歳ステークス2015の傾向と注目馬


今週は新潟競馬場で新潟2歳ステークスが行われます。2013年の勝ち馬のハープスターは翌年桜花賞を勝ち、2着馬のイスラボニータは皐月賞を制しました。まずは過去10年の傾向を書きたいと思います。


・枠順

1枠 (0-3-3-13)
2枠 (1-1-0-18)
3枠 (1-1-1-17)
4枠 (1-2-2-15)
5枠 (3-1-0-15)
6枠 (0-1-2-17)
7枠 (1-1-1-26)
8枠 (3-0-1-25)


最多は5枠と8枠の3勝ですが、あまり有利不利はなさそうです。


・人気

1番人気 (4-2-1-3)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (2-0-1-7)
4番人気 (2-1-1-6)
5番人気 (0-0-1-9)
6~9人気 (1-0-5-34)
10番人気~(0-6-0-80)


基本的に勝ち馬は上位人気から。2、3着は人気薄が絡むことも。


脚質

逃げ (0-0-1-9)
先行 (1-3-2-32)
差し (4-3-6-61)
追込 (5-4-1-43)
マクリ (0-0-0-1)

中団、後方からの馬がよく馬券になっています。ただ経験の浅い2歳馬のレースで脚質がまだ定まっていないのは考慮が必要でしょう。



新潟のマイルの新馬を勝ったウインミレーユは天皇賞春を勝ったビートブラックの妹です。同じステイゴールド産駒の牝馬のペルソナリテは差し競馬で新馬とダリア賞を勝ちました。今回も脚を溜める競馬をすれば傾向には合っていると思います。


東京の芝1800メートルの新馬を勝ってきたヒプノティストも中団からの競馬で勝ちました。その新馬で2着だったタニセンビクトリーは野芝に強いハーツクライ産駒です。2000年のオークスを勝ったシルクプリマドンナの仔のプリンシパルスターも面白いのではないかと思います。


外国産馬のルグランフリソンも新潟芝1600メートルの新馬を勝ちましたし、現時点では注目馬は多いです。予想には結構悩みそうですね。
 


| レースの傾向 | 10:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北九州記念2015の傾向と注目馬

小倉競馬場では23日に北九州記念が行われます。2006年から芝1200メートルに変わりました。その年から過去9年の傾向を中心に見ていきたいと思います。



・性別成績

牡馬・セン馬 (4-4-4-68)

牝馬 (5-5-5-54)


過去9年で牝馬が5勝しています。夏は牝馬と言いますが、相性の良いレースと言えそうです。


・斤量

牡馬・セン馬 56キロ未満 (4-3-2-41)

牡馬・セン馬 56キロ以上 (0-1-2-27)

牝馬 52キロ (3-3-1-8)


牡馬・セン馬で56キロ以上で連対したのは06年のゴールデンキャスト(58キロ)だけです。牝馬でもっとも馬券になっているのは52キロです。


また過去9年で1番人気が勝ったのは1頭だけ。5番人気以下の馬が勝つレースです。1番人気は3頭しか馬券になっていません。2桁人気は6頭馬券になっています。


また血統では母父ミスプロ系やブライアンズタイム、父フレンチデピュティ系が馬券になっているようにダート血統が強いです。サンデーの血が入っていない馬が相性の良いレースです。


今年はハンデ52キロの牝馬はいないのです。サドンストームは57キロのハンデを背負うのが気になりますが、平坦コースとこのレースへの適性がありそうな血統をしています。


アイビスサマーダッシュを勝ったベルカントと5連勝中のビッグアーサーは共に55キロで、サクラバクシンオー×ダート血統の配合をしています。血統面ではこのレースへの適性はあると思います。


準オープンを勝ったマイネルエテルネルとミッキーラブソングと共に54キロの斤量で小倉1200メートルへの適性はあると思います。バーバラは53キロの斤量が魅力。この3頭には注目しても良いかもしれません。

| レースの傾向 | 18:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

札幌記念2015の傾向と有力馬分析


photo0084_l.jpg



今週は日曜日に札幌競馬場で札幌記念が行われます。ここでは13年の函館で行われた年を除いた過去10年の傾向と、血統は過去5年の傾向と有力馬の現時点での評価について書きたいと思います。


・年齢別成績

3歳 (2-1-0-7)
4歳 (3-2-2-18)
5歳 (4-5-4-27)
6歳 (1-1-1-26)
7歳 (0-0-3-15)
8歳 (0-1-0-13)


6歳以上になると率が下がっているようです。若い世代が強いレースだと思います。また牝馬は過去10年で5勝しており、18頭出走しており、半分の9頭が馬券になっています。


所属別では栗東所属馬が2004年から勝利しています。また関東馬は03年の小島太厩舎のサクラプレジデントが勝って以来勝利がありません。所属では関西馬が有利。


血統ですが母父ノーザンダンサー系が良く馬券になっています。昨年はファルブラヴ産駒のハープスターが勝利して、12年のフミノイマージンや11年のトーセンジョーダンなどが勝利。15頭馬券になった馬のうち、10頭が母父ノーザンダンサー系です。


まずはラキシスが注目でしょう。このレースに相性の良い牝馬ですし、年齢も5歳。母父はストームキャットで2000メートルは大阪杯勝ちがあります。レースの傾向に合う馬です。


菊花賞を勝ったトーホウジャッカルは宝塚記念はその菊花賞以来のレースでした。厳しいと思っていたのですが4着と好走したのでかなり評価が高まったと思います。母系は馬力がありますし洋芝も対応出来そうで今回は主役級の扱いを受けるでしょう。


函館記念を勝ったダービーフィズもここを勝てばサマー2000チャンピオンに近づく1戦になりそうです。叔父に急死したマンハッタンカフェがいます。洋芝は合う馬だと思いますし、今回のメンバーでも好走してもおかしくはないと思います。


トウケイヘイローは函館で行われた一昨年の札幌記念の勝ち馬です。叩き3戦目で状態面は確認したいです。ラストインパクトも天皇賞春で4着して以来のレースで、能力的に今回のメンバーでも勝ち負けは出来そうです。

| レースの傾向 | 16:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。